*All archives   *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.08.09 (Thu)

FC版FF3プレイ記 その4 

ゴールドルの館へ。
中に入ると噂通り全て金。
敵までもが名前にゴールド付き。さすが、ギルも弾むねぇ。
それにしても今考えるとゴールドルって安直な名前ですな。

1階は鍵がかかってる部屋がたくさんあってシーフが活躍活躍。
ですが部屋には何もない。何故だ!
銅像調べても特に何もないしなぁ…。
2階へ進むと名前にゴールドがついていない敵に遭遇。
ナイトメアー…こいつはひどい!にらみで混乱させてきやがる!次々と。
状態異常で最も腹が立つものですよね混乱。ポケモンとかでも特に。
まったく…危うく死ぬところだった。空手家の破壊力物凄いんだから。やめてよね。

と、2階の奥には大量の宝箱が!うっほ。きんきらですぜ。
…あの、1つを除いて全てきんきらの剣なんですが。なんだこれ…。しかも攻撃力が弱い。
11本もいらんよ!と思ったけどよく考えれば多分高価格で売れるに違いない。そうだそうだ。
最後の宝箱には飛竜の爪が。猫の爪と組み合わせて空手家に装備させると素手のときよりも攻撃力が2アップした。
いつの間にか空手家とシーフは8ヒットになってるな。ひゃほい。

それで、次の階に行くには?行き止まり。
やっぱり1階に何かあるよなぁ、とりあえず引き返すことに。
再度部屋を調べても何もない。ナイトメアーも出てきたので嫌になってきた。
わからんのでアムルに戻って剣を売ることにした。
1本2500ギル。そんなに値打ちのあるものではないのか…。

なんとなく売る気をなくしたので宿屋で不貞寝をした。
そして、静かに電源を切った。

現在のレベル 29
熟練度
ナイト 56
空手家 4
狩人 52
シーフ 3
255C 192271G

朝だからしょうがないんだ!
スポンサーサイト
EDIT  |  06:57 |  ゲーム  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。