*All archives   *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.12.07 (Fri)

アニメ感想76 

バンブーブレード 第9話「コジローと運命の分岐点」
 あのババアって先生がタマちゃんのバイト先で初めに買おうとしてたキーホルダーじゃね…?
つまりあのキーホルダーを手に取ったときから悪夢の始まりだったんだよ!!
いや、見直してないから違うかもしれんけどね。でもたらこ唇だったよな…確かに。
たらこ唇つながりでもう一つ。車の衝突で言い合いになってる二人の元へ駆けつける警備員…あいつってもしかしてババアの息子かなんかじゃねーのかと思った。
まぁ不運としか言いようがない。全国大会への意気込みは増して良かった気もするけど。
メガネの子早くレギュラーになってくれんかなー。なんだか最近メガネキャラに心が傾いてくるから困る。
最後の女の子…まさか万引きを!

スケッチブック 第9話「ナニかの為に」
 テスト勉強という言葉は自分にとって耳が痛い。
で、効率の良い勉強法はこれといって見つからず、結局は毎日の復習が大切だ…と。
それがなかなか出来ないんだよな、部長しっかりしてんな。
これくらいしか覚えてない。

BLUE DROP 第9話「Lagenaria siceraria」
 島の災害時のことが明らかに。マリを助けることを優先したためにオノミルが死んだってわけね。
これは誰が悪いってことではないな。オノミルは自分の意志で死んでいったんだもんな。ツバエルも必死に呼びかけてたし。
疑問がいくつかあるんだが。島民の死の原因が他殺、戦艦ブルーを狙ってる奴らの目的とか。
マリが監視されてたのは、災害で唯一生き残ったからだよな。特別な力持ってるとかそういうのはあるのかな。
萩乃が首絞めたのも謎のまま。
なんかこのままだと狭い世界で終了してしまうような気がする。1クールだったよな確か…。
まぁそれはいいとして、みっちーの物語、あの3人を見て考えついたものとしてはなかなかじゃないかw もろ少女マンガw

ドラゴノーツ 第9話「決意 ―疾風を越えて―」
 「ギオ、行こう!(お前が)トアを守るんだ!」←これが真意
後で、「俺とお前で守る」的なことを言ってたが、それじゃあやっぱりギオ任せじゃないかw
ジン一人じゃ何も出来ない。もうカッコつけてないで大人しくギオに任せてればいいんだよ。いやギオに任せざるを得ない。任せるしかない。
ギオはホントいい奴だよ。うん。
カズキは幾分見られる顔になったな。いきなり豹変するなよw あのヘアwwwww 未だに心の中で笑ってしまう。
指令を受けたってのは嘘だったのか?私怨で動いてるようにしか見えなかったよな。
そろそろギオギオ言うのやめろよ、ピアノのおねいさんが可哀想だろ。感謝してるところ見たことないぞ。いやあったかもしれんけど。
まさかの新キャラ登場。お姉さまキャラ。アバラギ・イツキ?うろ覚え。ドラゴンの方も顔が気になる。
トアのお仲間もドラゴンとして登場。同じく顔がry
これからもどんどん出てくんのかな。それとあのダサスーツは常備してんのか気になる。

もっけ 第9話「エンエンラ」
 なんていい話なんだ!なんていい子なんだ静流!
ここまでいけば十分百合だよな、そうだよな。自分には嬉しい回だった。
人間は自ら妖怪を作り出せることもわかったな。
佐保さんの笑顔でホッとした。

灼眼のシャナⅡ 第9話「哀しみのマイルストーン」
 アナベルグが素晴らしく伸びやかな動きを見せてくれたので、それでいいや。
いい感じにイカれてたなーこいつも。好きだわ。針の振れ幅が変化するところがポイントだなw
紳士っぽい雰囲気だが実は、みたいな。ギャップがいい。
イカれキャラ最高。もっとくれ。
今回はまぁまぁ観られる内容だった。画面的な意味で。戦闘はおk。
でもあのメガネいらないな。正直言って。と言うよりマージョリーの話自体が蛇足。
悠二とマージョリーなんか関係あるっぽい。次回親父登場?

CLANNAD -クラナド- 第9話「夢の最後まで」
 泣けなかったけど、普通に良い話だった。朋也と渚にも見えなくなったときはこのまま忘れられて終わっちゃうのかと思ったw
でもあのじーさんのお陰で思い出せたな!いきなり現れて驚いた。
ずっと側にいたんだよな…そう考えるとせつなかったぜ。
結果的には結婚式成功だったけどな。良かった良かった。
やっぱり風子は病院で寝たまんまなのか。一緒にいたのは生霊とか、そういうことなんだよな?
とても…非科学的です…。いや、把握してなかった自分が悪い。
AIRも観てたのに電波だ電波だって何を今更だなw
ようやく割り切ることができそうだ。次回から楽しめそう。ことみは俺の嫁。

もやしもん 第8話「農大正門攻略戦」
 無事、正門の鍵をゲットして春祭終了!楽しそうだったなぁ。ああいうの一度でいいから体験してみたい。
大将は蛍だと思ってたのになw 機械だったとは。どうりで動きが鈍いと思った。
直保だから躊躇してあげたのかと勘違い。ホントどこ行ったんだよ、好きなのに。もはや故人になってしまったかのようだ。
媚薬の効果、ものすごいもんですな。いいもの見させてもらったwww
あの二人、布団の中で一夜を明かしたということだよなあれは…うはああああああ妄想が掻き立てられるうううううううううう!!1
長谷川さんはSの中のSでした。好きな人はとことんいじめるタイプ。美里、せっかくの機会でもあれじゃ残念としかw
前回とこれは面白かったぜー。

スカイガールズ 第22話「サザンクロス・ホーリーナイト」
 これを最後にシリアスモードに突入するのか。嬉しいような寂しいような。
今回の見所はやっぱり艦長だろ。やっぱり最高だなあんた!
副もデレたよなw まぁ夕子さんのあの姿には自分も目眩がしたがw
あえてアイーシャに目をつける。あの帽子の垂れ具合…後ろではなく前であることに注目だ!前のほうが可愛くないか?あれは萌えた。
瑛花はせっかくの衣装なのにコート着ちゃってたな。瑛花らしいといえば瑛花らしい。やはり大佐とのフラグが…。
乗組員があんなにいたことに驚き。今までどこに潜んでたんだお前ら。
そして空気の読めないワームが出現。そのワームとは音羽の弟であった。空気の読めない音羽の弟。血は争えなry
予告を観るとなかなかシリアスしてる。楽しみだ。

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」
 みやことヒロがあんな風になって、正直安心したw ヒロがみやこを受け止めたことが嬉しかったな。
あのシーンは和んだ。音楽の効果もあってか。みやこ良かったなお前~みたいな、身内気分的な。
悪いが景には味方できない。案の定発狂してしまいました。あのEDの入りうまかったな。ここはちゃんとカメラマンが慰めてやれば万事オッケーだ。お前の技量次第でみんな幸せだぞ、頑張るんだぞ!
蓮治は千尋の側にいることを選んだか…。千尋も日記を読んで、前の自分に戻ろうと努力してたけど、やっぱり蓮治の身が持たないな。
見た目良い雰囲気なんだけどさ。千尋が蓮治に前の自分かどうか確認する度にどんどん蓮治は傷ついていくもんな…辛い。
今の千尋は日記の記憶で作られた千尋であって、蓮治との思い出とかは一切無くなってる状態。
日記が全てってたまらなく悲しいな。
千尋の記憶からは消えたのに、なんでお前だけ残ってるんだよって蓮治のセリフ、自分に言い聞かせてるのか…。むしろ俺が消えたかったよと、そういうことか。
千尋は何故あんな物語を書いているのか。千尋自身を投影させた小説。蓮治、お前も千尋の小説に何かを書け!二人で書けば世界は広がる!!

機動戦士ガンダムOO 第9話「大国の威信」
 今回脚本ダメダメだっただろー。盛り上がりが全くない。せっかくの宇宙戦だというのに。
なんだあのお粗末な陽動。あんなんで戦術って言っていいのかスメラギさんw
とっても強いガンダムマイスター達がこんなことで手を焼くとは。差がありすぎ。ロックオン外しまくりだったなw
フェルトとロックオンが意外にもいい雰囲気だった。そして明かされたロックオンの本名ニール。
コードネームってのは自分で決めるのか?ロックオンて…いやなんでもない。
ガンダムマイスターには世代があったことに驚いた。
次回に期待しようと思う。アレルヤ覚醒&ヴァーチェの隠された秘密だからなw 結構ネタになりそうじゃないか。
ボソッと言うけど刹那影薄いぞ。言うまでもなかったか。

みなみけ 第8話「ほさか」
 愛すべき変態保坂きたああああああああああああああ
お前なんていいキャラしてるんだw 最高じゃないかw
本編で露骨に嫌われている変態キャラは人気度が高い。これは99パーセント当てはまる。ごめん適当。少なくとも自分の中では、だ。
速水先輩もいいキャラしてんなぁ。保坂と対等にやりとりできる唯一の人間。
エアー料理は吹いた。しかも意外にもちゃんとフランス料理作って持ってきてるwww
だがあるのは妄想力ばかりで行動力はいまひとつだな。結局春香との接点が全然なかった。
頑張れ保坂、応援する。あと一言、前開けすぎだぞ!

神霊狩 第8話「L.T.P.-Long Term Potentiation- シナプス回路を変化させ、それを維持する能力=人間の脳に於ける長期記憶の正体」
 おいおいちょっと待ってくれよあのメガネ二人他人同士かw 兄弟だと思ってたのにな。いや絶対兄弟だろ、他人同士なんてそんな馬鹿な。
悪い顔は決して太郎達の前では見せない。怪しいねぇ…ただ単に脳の未知数な部分に興味持ってるわけじゃないだろうし?
ニューロンとかシナプスとかホムンクルスとか、そこら辺の説明は「進化しすぎた脳」って本読んでたからスッと理解できた。
最近買ったんだけど、すごくわかりやすくて神霊狩観るならオススメ。全く同じ図載ってた。まだ読破はしていない。
その気になれば脳を使って色んな体験ができる可能性があるなんてすごいよな。自分の頭に穴開けなきゃいけんけどね。
太郎の脳内にいた女の人?あれはどういった位置づけの存在なんだ?ホムンクルス?
魂抜けに関して。あれは脳内での現象ということに対して、太郎達は否定してたけど、まずあのじいさんに会わなきゃな。脳内での出来事かそうではないのか…興味深いわああ。
太郎と匡幸、最初の頃に比べたらかなり打ち解けたなー。和んだ。
2クールだからこれからまだまだ面白いネタが出てくることと思う。あー面白い。DVD欲しいな。これは保存するべき。

げんしけん2 第7話「卒業症候群」
 あんま覚えてないので短く。とにかく最後の斑目のカッコ良さにしびれまくったような。やっぱりびいだまは感動するな。
大野さんが新会長を頼まれたのは意外だったなー。まぁ他を見れば納得したがw
卒業ってことで物悲しい雰囲気が漂ってた。でもまだ会えるんだよな、斑目は部室に住んでていいから。

続けて第8話「こすけん」
 オギーは髪下ろしたほうが可愛いな。コスプレ最高。
そしてオギーに対しての大野さんのSな態度がこれまた良い。好きなんだろうなーってのが見ててわかるというか。要するに可愛くていじめちゃうんだな!
大野さんに戸惑うオギー…。この二人…いけるな…。
しかし朽木の扱いはあまりにもひどくないかあれ。
舌打ち&「誰も受け取ってくれませんよ」←オギーあからさますぎw
大野さんも言いすぎだろwww 「穢れる」とか小学生かwww
朽木報われないヤツだな。今まで空気だったけどこんな風に思われてたのか。当然と言えば当然だけどもw
咲ちゃんの接し方、好感度アップした。

これ先週分ね。あー…なんだかな。もっと簡潔にしたいな。
スポンサーサイト
EDIT  |  14:36 |  アニメ感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。