*All archives   *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007.12.23 (Sun)

アニメ感想79 

バンブーブレード 第11話「アニメーションとドリーム」
 みやみや可愛いよみやみや。ダンくんに感激してる様子がGOOD。ダン開眼したしなw
何故いきなり友情出演で谷口が?しかも濃ゆい顔www 最後のナレーションがポケモンを連想させた。谷口といいこれといい唐突すぎだろw
待ちに待った東がとうとうきます。次回しないを構えている姿が見られます!やったあああああああああ

BLUE DROP 第11話「Thoroughwort」
 何故唐突にオノミルが現れたんだ。「よくわからないんだけど」っておまw
オノミルのおかげでショック受けてた萩乃も立ち直ったし、艦も無事だったが、ご都合展開w
劇の脚本とマリの気持ちがリンクしてたのが良かった、はりつめた雰囲気が出てた。
萩乃死んでしまうんじゃないかと思ったぜw 死亡フラグ立ってたよな。
みっちーがキレる気持ちが大いによくわかる。時間が無くて真剣にやってるのにふざけられると無性に腹が立つんだよな。経験あるある。あそこでキレちゃうと面倒くせーなって思われてしまうが。
あの三人組は舞台の上でもセリフの連携プレイかw
そんなに鬱な展開にはならなそうだなぁ…百合分もあんまりないし、これははずしたかもはれん…。
マリも普通に戻ってたしな。前回目に生気無くなって喜んだのに。残念。

Myself;Yourself 第11話「告白」
 この回から感想再開しよう。ずーっと見てきたが…随分と暗くなったなぁこれ!
これじゃスクイズの二番煎じでしかも劣化した形になってしまうではないか。
だがしかし。星野さんがガチレズということが発覚!これは大きい。この要素が入ると作品の価値は確実に上がる(自分的意見です)。
さらにかなり黒い子だということがわかりました。これまでは黒い部分なんて微塵も感じさせなかった星野さん…みんな驚いたよな?
「ゾクゾクしてたの」とか言っちゃう星野さんにゾクゾクしたよ自分は。あの表情最高だな。
ちゃんと伏線あったんだなw 全然気にしてなかったぜ。
朱里と俊介ホントにいなくなっちゃったのか。これも後味悪く終わるのかねー。
で、放火の犯人の爺さん、炎に包まれてるカットがセフィロスに見えて困るんだがw

もっけ 第11話「ダイマナコ」
 タイトルがダイナマコに見えた。おいおいそんなエグいもの出るのかよと思ったら眼のほうで安心した。
ダイマナコ、こんな律儀で純粋なドM久しぶりに見た。静流に罵倒されて歓喜するダイマナコw
今回もどこか寂しげでいい話だった。
正月にやる行事か…あのだるまのなんて知らなかったな。家では注連飾りなんかも飾らないからなw
こうやってどんどん昔の風習とかが無くなっていくのは寂しいもんだぜ。

ドラゴノーツ 第11話「鳴動 ―真実を求めて―」
 カズキはやっぱりホラ吹いてたのか!どうしようもないなこの男。
アキラサバサバしすぎだろw そこが好きなんだけど。ジンのこと全然意識してないのな。それはそれで哀れ。そういえば男だったなとかどんだけー。
ナナミにも少しは情はあったようで。敵だということは別に、キタジマのことは好きなんだよな?百合的な意味で。そうだと信じたい。変態に頬染めてたとしても。
変態はバラ風呂につかりながら登場。「君の全てを」の息遣いがきめえwwww 喋るだけで吹くわ。さすが宮野。気持ち悪いと思わせてこそ変態。宮野は変態を演じるために生まれてきたと言っても過言ではない。
第4のオリジナルが現れたが、あんなに勢いつけて衝突したのに死なないのか。
アバラギの弟は死んでないよな。第一声の瞬間これから活躍すると予想したんだからさ…。もうこいつが主役でも良いと思ってる。ジンよりは良いだろ、見た目的に考えて。
もしかしてアバラギとオトメって双子?新たな百合要員なのは間違いない。アバラギの不自然なホクロが気になる。
予告の早口言葉、そんな驚くほど早くないだろw
…全然まとまりのない文章になってしまった。いつもそうだけど特に。あれだよ、場面の切り替わりが多すぎだ。もう少し親切にだなぁ。絞れ。

灼眼のシャナⅡ 第11話「約束の二人」
 もう感想は書かない。1クールどうでもいい話で潰すなんて、初めから言っとけ糞。

CLANNAD -クラナド- 第11話 「放課後の狂想曲」
 ことみ、芸人として致命的とか言われてるが別に芸人目指してギャグを究めようとしてるわけじゃないんだからいいじゃないかw
まぁ今の状態じゃ面白い面白くないのレベル以前の問題だが。そもそも「じゃあーりませんか」ってのはギャグでもなんでもないだろ!「なんでやねん」の腰つきだけは認める。
突然杖を持って長々とした呪文を唱えだすことみ。どこの本からの引用だよ。暗記力だけは認める。ことみのことだからもしかしたらその場での思いつきだったかもしれない。
お魚だーいすきに吹いた。
渚達は何故飛んで火に入る夏の虫のごとくことみのバイオリンの練習に付き合ったのだ。気の毒でならない。しかも練習の成果なしとな。あくまであのスタイルを貫くつもりかw
その一方で、料理の腕前はプロ並みという。初めてとは思えないほどの出来栄え。
バイオリンと同じくとんでもない殺傷能力を秘めているんじゃないかと疑ってしまったが全然そんなことはなかったぜ。
バイオリンも、てっきり綺麗な音色を奏でてくれると思ってたんだけどな。天才と呼ばれているんだから普通はそう思うよなw
朋也が見たイミフな夢は伏線か何か?渚がだんご達を大量虐殺、おそろしや。和やかな音楽とのギャップが怪しかったな。
ことみのリサイタルはまるで幼稚園児の発表会。集まった生徒達が不憫すぎる。特に脅迫をかけられて耳栓を300円で買わされた男子達。
あれで死者も出ずに無事に終わったとは奇跡としか思えない。相変わらず渚の両親のノリが素晴らしかったw最後に、黒メガネの変態的行動を制止した渚の勇気ある行動を称えたい。

もやしもん 第9話「ゴスロリキッス」
 いきなりの出来事にピンときてない直保w 大丈夫だ、普通ピンとこないから…自分も長谷川かと思ったから。
ああでも頭の隅では蛍だって認識してるのか?気になってるってことは。恋とかじゃない別の意味でってことだよな。
案外あっさりわかってたがw リアクションはあんまりないけど多分相当ショックだろこれは。
親友が突然ゴスロリの格好してておまけにキスまでされたんだぞおい。どうしたんだよ蛍。
頭がぶっ壊れたとしか思えなry 可愛いから全然オッケーだがな!ニヤニヤしまくりwww
ホント何があったんだよ蛍いいいいいいいいいいい!!!!11 ちょっと興奮しすぎたわ。なんだこの胸のドキドキは。
そうだよ、よりによって何故ゴスロリ。疑問だけが次々と浮かぶから困る。何故平気な顔して何事も無かったかのように普通に会話が出来るんだ!
本気で好きなのか、直保のこと。ちっちゃいとこだとか言ってたがw
原作でも曖昧らしいなそこら辺の理由。だがこれは買うしかない。
そして直保は菌が見えなくなりましたと。恋の力ですか?キスか。直保が用無しになる…。
あああああああくまでも基準はもやしもんだがシリアスになってきたああああああ
来週で最終回なんてウソだろ?w それはそうと潔癖症でオヤジ好きの及川とは気が合いそうだ。

神霊狩 第9話 「Existential Ghosts -実存主義的なる神霊-」
 黒い巨人は何故轢かれる行為を繰り返しているのか?匡幸が視聴者の気持ちを代弁してたなw
取り壊されたパチンコ屋に現れ、目撃者が出現。そして信も見た。メガネの先生も見た。続いて匡幸の父親も気味悪い虫の神霊を目にする。
これは幽世が現世にだんだん影響を及ぼしてきてるってことか、そういうことか。
で、このアニメのタイトル通り、出没した神霊達を狩ってくのか?今回みたくw
太郎の覚醒&変形とか、匡幸のアレとか、やりたい放題www やっぱり脳内だから自由自在なのかな。なんでもできるっていうしね。でも脳内だとしても確かに三人は会ってるし…うーん。リンク?
それにしても黒い巨人に追いかけられるところはハラハラしたわ。しかも顔を中から露出させてきやがった。きめえ。やっぱり犯人だったんだな。何がどうしてあんな姿になったんだよ。
メガネがかなり混乱してた。UFO体験をしたというのか。記憶の欠落ということは攫われて…アッー

スカイガールズ 第24話「決戦」
 まさにみんなの信頼があってこその戦いだなー。なんかこの、緊張感で想いがひとつになってる感覚、リアル。胸らへんが妙にしめつけられる感じっつーかw
エリーゼ源さんの家に行くのかあああああああ 危ないらめええええええええ
いや、でも孫にそっくりだな。可愛い可愛い。ただのロリコンじゃなかったったことだ。親方は…?
OPは燃えたわ。和みあり燃えありで本当に良い作品だ。
キャラに悪い人いないしな。最高の仲間達なんだよ!エリーゼ良いこと言ってたな。

ef - a tale of memories. 第11話「ever forever」
 やはり小説の結末は予想の範疇を超えてたか。蓮治が予想していたどちらかの結末には絶対にならないと思ってた。
蓮治が一日デートを要求しなければ、あの駅のところでお別れするつもりだったのかな。それじゃ悲しすぎる。千尋がもう会わないつもりなのは雰囲気でわかってたけど。
その1日デートも、楽しそうなのにどこか物悲しそうだったし。あれは辛い。千尋が妙に涙もろかったのはそのせいもあってか?
UFOキャッチャーでゲットしたヒヨコ、何気にミミズ銜えてたぞw あれ見て思い出したりはせんのかなー。せっかく蓮治が頑張って取ってくれたんだぞ。
屋上で事を済ませたのは驚いたわwww キスだけでかなり初々しかったのにいきなりかよw
で、その直後だもんなぁ。あれは蓮治は納得しないだろ。千尋はあれが一番の幸せだと言ってたが、蓮治のためには全然なってないよな。
だって燃やされたんだぞw 存在を消されて良い気持ちになるはずがないだろ。
千尋は逃げたようにしか見えない。まぁ気持ちはわかるんだけどさ。怖いんだよな。人と接するのがさ。最良の措置なのかもしれんけども。
これで日記は無くなったから、本当に蓮治のことを思い出すことはできなくなった。今すぐ日記を拾い集めるんだ蓮治!!
逆に言えば、また一からスタートを切れるということになるが、それはあまりにも苦痛を伴うだろ、蓮治が。ループする可能性は大いにあるしなw

機動戦士ガンダムOO 第11話「アレルヤ」
 予想したとおり、アレルヤはいじられてからハレルヤの人格が形成されたそうです。
そして今回もまたアレルヤは苦悩。「撃ちたくないんだあああry」とめいっぱい叫びながら自分の同類を撃ち払いましたとさ。
あそこの二人の掛け合いは良かったと思う。「いいんです」と決意してたのにいざとなって躊躇してたアレルヤに急かしたい気持ちが働いたからな、ハレルヤGJだった。
その後泣いてたよな。映ったのはハレルヤの顔だったが。お前の顔に涙は似合わないw
アレルヤは繊細すぎだなーもう。そんな君こそお酒で気を紛らわすといいよ。
ティエリアの堂々とした責任転嫁に敬礼。立ち直るの早いなw 後にはあまり引きずらないタイプか…。いや表には出さないだけで心の中では未だに自分の失態を責めているに違いない。
で、アレルヤの事情をいとも簡単に知ってたがあれはなんだ?加えて人間の愚かさに呆れている様子。まるで自分が人間じゃないかのように。
完璧主義なのは人間ではないからなのか。それならばまた自分的な萌え要素が増えるだけだな、何の問題も無い。むしろ歓迎する。
アレルヤにデレてたよな、珍しい。ティエリアも過去に大きなことありそうだよな。興味深い。
あまり盛り上がりの無い回だった。

先々週分 スケッチブック・ひぐらし・げんしけん・みなみけ除く
スポンサーサイト
EDIT  |  13:09 |  アニメ感想  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。