*All archives   *Admin

--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008.01.04 (Fri)

アニメ感想 81 

バンブーブレード 第13話「先生たちと生徒たち」
 東覚醒www でもタマちゃんには敵わずじまいか…。
ドジっ子なのに、「私はできる子!」とあそこまで暗示かけられるのはすごいな。あの様子だと結構ポジティブな思考もできるのかな…意外だ。
タマちゃんのお陰でドMが大量生産されてしまったw メイとか本当に嬉しそうだったな。
林のおっさんは今まで通り厳しく行くようだが、自分流を貫き通してかっこ良かった。はやしびれるwww

BLUE DROP 第13話「Rosmarinus」(終)
 やっぱり1話の冒頭に繋がってた…あれみっちーだったのか…。
この終わり方はねーよ。正直、観て損した。百合目的で観たけど、あんまり描写なかったし。
これは化けるかもと思って期待してたのにいいいいいいいい!!1首絞めは何だったんだ…マリの能力って…。
まぁ、ちょっと潤みそうになったけどさ。それでも、最終回で評価がガクッと下がった。
中盤とかは好きなんだけどね、雰囲気。

Myself;Yourself 第13話「きずな」(終)
 これもひどい終わり方だった。なんであの流れで十年後なんだよ。あまりにも適当すぎる。
評価できるのは双子と星野の話だけだったわ。ゲーム売るために適当に作ったアニメ。

ドラゴノーツ 第12話「強襲 ―灼熱の使者―」
 カズキの病みっぷりがよく発揮できていた回でした。今までは威勢が良いからな、今後沈んだ病みも見せて貰いたい。
第4のオリジナル、渋いおっさんだった。なかなか出来そう。そしてカスガまでもがドラゴン。どんどん増えてくな。
後半、結構盛り上がった気がする。音楽のせいもあるかもしれんけど。

続けて第13話「光臨 ―示された道標―」
第4のオリジナル、ホントに死んだのか?またひょっこり出てきそうな気がするぜw だって大物臭がするし。
マザーは地球にドラゴンを置きたくないんだよな。トアには連れて帰るよう命じてたけど、連絡取れないから第4に殺すよう命じるとか目的が不明瞭だな。
要するに邪魔だということか。そもそもISDAのプロジェクトってのは何なんだよ。
変態のトア陵辱www こいつが出てきただけで楽しいわもう。
カスガと第4のオリジナルの激しい戦闘にわろた。カスガの走り速すぎだろw
注目すべきはホシ・ナナミ!やっぱり本気だったんだな、嬉しかったぜ。でもおっぱい星人に撃たれちまってああああああああああああああってなった。貴重な百合要員が…。
うん、結構楽しくなってきたんじゃね?

スカイガールズ 第25話「音羽、ふたたび」
 敵はユニークな亀でした。激戦の中、負傷者が続出!「この虫けらがああああああああああ!!」に惚れた。
魚雷発射やソニックダイバー隊の頑張りに燃えた。そんな中、デレた金髪w なんというイケメン。
状況がよくわからないまま、音羽とアイーシャはコアを目指す。他の三人も必死で敵を殲滅。
ウイルスプログラムを注入し、安心したところに形勢逆転。お決まりですなw
作戦失敗だ!の一声に広がる絶望感。そして弟を前にして倒れる音羽。克服したんじゃなかったのかよおおおおおおおと視聴者に突っ込ませるためですねはい。
弟がアイーシャ陵辱。弟の表情が良かった。ショタ鬼畜というジャンル。
みんなの掛け声で復活する音羽。イイテンカイダナー。だが一つになるとか、僕らだけの地球とかベタだったwww
そしてやっぱりアイーシャのお陰で撃破。あっさりしてたな。
最後に弟は人間に戻って、小さい頃に音羽と語り合ったことを実現し、綺麗に散っていきました。
うん、しっかりと締めてたな。良かったよ。
スポンサーサイト
EDIT  |  18:06 |  アニメ感想  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

★おお!

あけおめ♪
http://gabriel.s299.xrea.com/
↑コレはオススメです( ・∇・)ノ
みゆき |  2008年01月04日(金) 19:10 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する


管理者だけに表示

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。